カンナムスパイダーとは

カンナムスパイダーとはリバーストライク

スパイダーオーナーズミーティング

Can-am Spyder(カンナム スパイダー)という3輪トライクを購入した翌年の10月スパイダーオーナーズミーティングin檜原湖に参加してみました。

かなりの台数とオーナーが集い会いました。東日本のオーナーの特徴は60代の壮年の皆さんが多かったと思います。話を聴くとゴールドウィングに乗っていた社長さんと奥様とか、会社を経営されている方など様々です。維持費はあまりかかりませんので、ハーレートライクを乗るよりは安いし、楽だし至れり尽くせりなところがあります。

現場を卒業された方が奥様と二人で荷物を積んで風を切って旅ができる。それを実現できるのがスパイダーRTです。

スパイダーの種類

  • 長距離ツーリングを得意とする  スパイダーRT  ¥3,335,000~
  • スポーツ走行を得意とする    スパイダーF3  ¥2,370,000~
  • 冒険野郎のRYKER(新登場) カンナムライカー ¥1,359,000~

スパイダーの基礎知識

  • 免許証・・・・・・・・・普通自動車免許(セミオートマ車はAT免許)
  • ヘルメット着用義務・・・なし
  • 車庫証明・・・・・・・・不要
  • 自動車税、保関係険・・・大型バイクと同様
  • 有料道路・・・・・・・・バイクと同料金
  • 車検期間・・・・・・・・大型バイクと同様
  • ギア(セミオートマチック)前進6速 後退1速 左指操作のみ
  • ブレーキペダル一つで3輪制御 右足操作のみ
  • その他・・パワーステアリング、ABS等が標準装備

まさに至れり尽くせりの装備になってます。RTは風防のスクリーンが上下に動きますしグリップヒーター 、オーディオ、自動エアサスペンション付きです。 雨が降ってきても、少量ならスクリーンを上げて雨を回避できます。それと、もう一つクルーズコントロールが付いていますので高速道路でも疲れが軽減できます。

リミテッドという最上級車になると、シートにロゴが刺繍されていたり、シートヒーターが装備されます。

バイクではなく自動車

また、信号待ちでも足を着く必要がなく身長に左右されないのはバイクと大きな違いです。立ちごけとも無縁です。転倒しないこともスパイダーの売りになってます。

運転方法も車体を倒して曲がるのではなく、ハンドルを切って曲がる乗り物です。ですからパワーステアリングが威力を発揮します。

タンデム(二人乗り)でも全く心配がなく安心して運転できますし、乗ってる人も不安がない乗り物となっています。

そして、新型が出るたびに装備が充実して未来志向型トライクに発展しているのも世界中にユーザーがいることの証でもあると思うのです。

経年すると体力が衰えバイクに乗りたくても現実的に乗れない日が来るでしょう。でもスパイダーなら、そこからもうしばらくは乗ることの楽しみが続きます。いつまでも、ドキドキ感と旅する感動を共有することができることでしょう。楽しみながら乗り続けますよ。 

カンちゃぶろーでした。