ラジエター液が噴出した・・・その2

ラジエター液が噴出した訳

一週間後・・・

1週間後・・・DO SPEEDより「直ったからいつでもいいよー」と連絡を受け早速高崎へGO!

高崎駅には社長車でお迎えが待っていました(>_<)

オーバーフローの原因は・・・

それでは、ラジエター液が噴出した訳をお話します。

走行中のスパイダーはなんともなかったのに、止まると噴き出すのはラジエターファンが特殊な動きをするからなのだそうです。図にしてみますね・・・

走っている時、止まっている時ファンが正逆回転

私のスパイダーは、この逆回転をする切替が不具合だったようです。3年越しに修理しました。これでもう、どんなに渋滞に巻き込まれてもオーバーヒートしなくなりました。うれしや嬉しや😊でもでも、考えてみてください。走行状態に合わせていちいちファンの回転を切替えてるなんてすっごーい発想ですね!大型バイクにもこのくらいの配慮が欲しいですね。外車は壊れるとか言う前にBRP社エライ!を言いたくなりました。(^▽^)/

帰り道は、八ッ場ダム―万座ハイウェイ―国道292で帰路に着きました。今なお白根山の火山活動が活発になり不安定な状況ですからお金を払ってでも通れる道があることに感謝して使わせていただきました。スパイダーはパワーもあるしパワステも装備しているので”さっちん”にも楽に運転できました。