草刈機の刃

草刈機の刃の種類

プラッターネオ
ツムラ3枚刃
デビルシュレッダー
チップソー

草刈機の刃と言えば、チップソーから始まりナイロンコードを使うものやチップの付いていない特殊鋼の2枚刃、3枚刃、そして自走式草刈り機の刃を加工して使うものまで多岐に渡る。

それぞれ刈り場所に適した刃を用いるのが良いとされているが、ほとんどの場合チップソーで間に合うというか、間に合わせているのが実情ではないか。そういうコケちゃぶろーも散々チップソーにお世話になっていたのだが、最近ではそんなありきたりの毎日では物足りなくなってきていることに気づいたのである。

ツムラの3枚刃

何気なく検索をしていたら「なんだこれは?」と思った刃があった。それがこれ「ツムラ山林用改良3枚刃荒目ブルー305mm×1.6mm×3P 1153」347gでチップソーの368gよりも軽い刃は山、谷と交互にアサリ角が付いています。藪刈りにとても威力がありそうです。

使ってみた

草刈り
ツムラ3枚刃

ガツガツッとイタドリなどの太めの茎を刈ると、手に振動が来るが気持ち良い。いかにも、今刈っているという感覚になっているのが分かる。

この不思議な形をした刃はツルなどに絡みつくことがなく、草刈りのストレスが非常に少ない。スパスパッと斬れていく。今回はカーツ背負い式VSR302とコラボしたが作業はとても楽にできた。

また、平場での草刈りにも余裕で対応できる。が石飛が発生することに注意が必要だ。チップが無いのでメンテナンスも楽であると言える。

デビルシュレッダー

デビルシュレッダー
デビルシュレッダー

デビルシュレッダーは造語です。YOUTUBEに「デビルシュレッダー 草刈機改造MOD brush cutter」という動画が投稿されていました。並居る草をバッサバッサと刈り込んでいく動画に、これはいったい何だ?

【草刈機構成】

・スパイダーモア用の「フリーXモア刃」

・ロンビンの竿 「NB351」

・シバウラエンジン「M45D」2st45㏄

というかなりのパワー装備。中央の穴径が25mmのため1インチ25.4mmに広げないとつきません。

デビルシュレッダーの作り方

フリーXモア350は重量が1020g肉厚が4mもあるのでステップドリルで油を刺しながら削らないと刃が焼けて使い物にならなくなります。そうなったら、リューターで削ればよいことですが注意が必要です。そして、受け側の皿がピタリとハマる迄しっかり削ります。ここが重要!

この重い刃をぶん回すには機械もパワーアップ

4ST35ccホンダエンジンを装備したカーツX330を用意しました。1KWで1.3PSあります。子の草刈機の良いところはスロットルがトリガー式ではなく固定式のところです。作業がぐんと楽になります。実際刈り込んでいくとエンジンが2stの時よりもムラがなく安定した草刈りを行うことができます。

上から叩く

大きな草は、上から叩くようにするとバラバラになりますので刈りあとも細かく裁断されます。

水平刈り

小さな草は、チップソーのように水平刈りができます。

今回の草刈で分かったことがあります。それは、20㏄の軽いエンジンで刈るよりも大きなエンジンで刈るほうが何倍も楽だということです。重くて~イヤ!と思うかもしれませんが、ホントのことです。重いなりに両肩のハーネスがしっかりとサポートしてくれます。エンジンが重いので刃が浮き上がってしまうので両手で軽く下に向けてやるだけです。あとは、腰の動きで左右に振るだけで勝手にバッサバッサと刈り込んでいきます。疲れ方も20㏄クラスを振り回すよりも断然少ない疲労感です。そして何よりも、刈り込んでいく楽しさが生まれてくるのが最大の違いではないかと思います。皆さんも、今度草刈機を買い替えるときには、思い切って大パワーの4stを選ぶことをお勧めします。コケちゃぶろー