ドローン検定2級試験に行ってきた

ドローン検定2級検定会場は三条市のものづくり学校

2019年5月19日(日)令和元年初めての検定試験です。全国一斉で行われますが新潟県の私は、三条ものづくり学校でドローン検定2級試験を受けてきました。

2級受験者6名、3級受験者17名、4級受験者1名の24名が一つの教室で同時に行われました。

14時30分受付開始

15時試験用紙配布と準備

15時10分から試験開始、以後30分経つまで退出できません。

試験問題は全部で50問。1問につき2点で80点以上が合格です。

ドローン検定協会公式BOOK「ドローンの教科書 上級テキスト」から出題されます。

それでは、問題内容をどうぞ。

ドローン検定2級試験 第23回

2級問題

[問1]「曳航」の説明として正しいものを選びなさい。

     ①動力を持たないグライダーを飛行させるために他の航空機によって上空まで引っ

      張ってもらうこと

     ②夜間に飛行すること

     ③水上を移動する装置を装着することで水上での離着陸を可能にすること

     ④完全な自動航行を行うこと

[問2]無人航空機の分類の説明として誤っているものを選びなさい。

     ①飛行機は重航空機に属する

     ②軽航空機は空気より軽い気体を用いて浮力により飛行する

     ③ヘリコプターは回転翼機に属する

     ④動力を持たないグライダーは軽航空機に属する

[問3]ローター数が6つの回転翼機の通称として最も適切なものを選びなさい。

     ①クアッドコプクー

     ②オクトコプター

     ③タンデムローター式ヘリコプター

     ④ヘキサコプター

[問4]地面効果の説明として間違っているものを選びなさい。

     ①地面効果が発生すると揚力を失い墜落する

     ②地面効果が発生すると着陸しにくくなる場合がある

     ③地面効果が発生するとより少ない動力で揚力を発生させることができる

     ④機体の飛行によって吹き降ろされた空気が地面に当たって空気が圧縮される現象

[問5]グライダーの機体分類として正しいものを選びなさい。

     ①重航空機である

     ②軽航空機である

     ③飛行船と同類である

     ④回転翼機である

[問6]次のうち空虚重量に含まないものを選びなさい。

     ①ローターの重量

     ②動力用燃料の重量

     ③センサー類の重量

     ④ブレードの重量

[問7]次のうち最も大きな貫性力が生じると思われるものを選びなさい。

     ①時速100kmで移動する車が10秒で停止したときに運転手が感じる力

     ②時速20kmで移動する車が10秒で停止したときに運転手が感じる力

     ③時速100kmで移動する車が5秒で停止したときに運転手が感じる力

     ④時速20kmで移動する車が5秒で停止したときに運転手が感じる力

[問8]温度の変化で生じる流体の移動現象を意味する用語として最も適切なものを選びなさい。

    ①水流

    ②乱流

    ③対流

    ④気流

[問9]マルチコプターの飛行において動安定が中立若しくはで負でハンチングを生じる場

    合に考えられるトラブルとして最も適切なものを選びなさい。

     ①プロポの信号が弱い

     ②ゲインの設定が低い

     ③ゲインの設定が高い

     ④GPS信号の強度が弱い

[問10]フレア操作の説明として正しいものを選びなさい。

     ①進行する機体を静止させるために機体を傾けること

     ②急降下すること

     ③着陸灯を点灯すること

     ④回転すること

ドローン検定2級試験 第23回

2級問題

[問11]次の選択肢のうち、ヘリコプターが失速する原因となる行為を選びなさい。

     ①ローターの回転数を上げる

     ②前進速度を上げる

     ③ヨーイングする

     ④上昇する

[問12]セットリングウィズパワーの回避操作として正しいものを選びなさい。

     ①風上に向かって加速させる

     ②コレクティブピッチを操作して上昇操作する

     ③降下させる

     ④ローターの回転数を下げる

[問13]「リスク」の説明として正しいものを選びなさい。

     ①機体が既に故障している状態

     ②ある状況を想定した際の危険性

     ③機体の整備作業

     ④運航管理記録

[問14]最も強いコリオリの力を生じる運動を選びなさい。

     ①地球を東から西に向かって移動するとき

     ②地球を西から東に向かって移動するとき

     ③地球を自転軸の北端から赤道に向かって移動するとき

     ④地球の赤道上の表面のある一点に留まるとき

[問15]空虚重量が1.5[kg]、追加装備の重量が500[g]、バッテリーの重量が1[kg]、積載

    物の重量が800[g]の無人航空機の飛行許可申請を国土交通省に提出する場合の機体

    重量として最も適切なものを選びなさい。

    ①1.5[kg]

    ②2.0[kg]

    ③2.5[kg]

    ④3.8[kg]

[問16]重力がある場所で、10[kg]の物体を加速度3[m/s2]で上昇させるために必要な力の

    大きさとして正しいものを選びなさい。ただし、重力加速度は9.8[m/s2]とし、空

    気抵抗は考えないこととする。

    ①9.8[N]

    ②68[N]

    ③98[N]

    ④128[N]

[問17]運動している物体についての説明として正しものを選びなさい。ただし、摩擦や重力

    などの外乱が一切ない環境であるとする。

     ①力を加えると等速直線運動する

     ②物体に働く力が釣り合っている場合は運動を続ける

     ③力を加えないとやがて静止する

     ④加える力の大きさと物体の運動の変化にその質量は関係しない

[問18]動安定が負である時の説明で最も適切なものを選びなさい。

    ①揺れが次第に大きくなる

    ②揺れが次第に小さくなる

    ③揺れは変わらない

    ④不規則に揺れが変化し次第に小さくなる

[問19]次の選択肢のうち、マルチコプターを離陸させた直後に静安定が負となる主な原因と

    して最も適切なものを選びなさい。

     ①ゲイン設定が高すぎる

     ②気温が低すぎる

     ③機体の重心が偏りすぎている

     ④湿度が低すぎる

[問20]絶縁体を選びなさい。

    ①銀

    ②アルミニウム

    ③ガラス

    ④鉛

ドローン検定2級試験 第23回

2級問題

[間21]電気抵抗が20[Ω]の抵抗器に20[A]の電流を流した時、抵抗器に生じる電圧とし

    て最も適切なものを選びなさい。

    ①1[V]

    ②10[V]

    ③40[V]

    ④400[V]

[問22]電気抵抗に関する説明として正しいものを選びなさい。

     ①ガラスやプラスチックは導体である

     ②半導体とは金や銀のことである

     ③電線の抵抗の大きさは長さに比例する

     ④電線の抵抗の大きさは断面積に比例する

[問23]次のうちGNSSではないものを選びなさい。

    ①GPS

    ②WiFi

    ③ガリレオ

    ④みちびき

[問24]GPS衛星が送信する電波の周波数として正しいものを選びなさい。

    ①10.25[kHZ]

    ②1575.42[MHZ]

    ③2.42[GHZ]

    ④5.7[GHZ]

[問25]GPSの測位精度に影響を及ぼすものとして誤っているものを選びなさい。

     ①同じエリアにおけるGPS受信機の数

     ②衛星信号の補足数

     ③GPS衛星がもつ時計の精度

     ④GPS受信機がもつ時計の精度

[問26]マルチコプターが巡航する大気層として最も適切なものを選びなさい。

    ①対流圏

    ②成層圏

    ③中間圏

    ④熱圏

[問27] 20[Ω]と20[Ω]の抵抗器を並列に接続した場合の合成抵抗を選びなさい。

   ①5[Ω]

   ②10[Ω]

   ③20[Ω]

   ④100[Ω]

[問28]電気を動力とする無人航空機に関する説明として正しいものを選びなさい。

     ①動力用の電気配線導体としてシリコンを用いる

     ②動力用の電気が流れる配線は長くするべきである

     ③配線の発熱が著しい場合はその配線の太さを太くし、配線抵抗値を下げる必要が

      ある

     ④電気配線における発熱と総消費電力に関係はない

[問29]「乾燥空気」の説明として正しいものを選びなさい。

     ①乾燥注意報が発令されている地域の空気のこと

     ②湿度が5[%]以上20[%]未満の空気のこと

     ③水分(水蒸気)を含まない空気のこと

     ④温風のこと

[問30]大気圧の説明として正しいものを選びなさい。

     ①大気圏内の空気の質量

     ②任意の平面にかかる大気の重さ

     ③大気の密度

     ④地球の引力の大きさ

ドローン検定2級試験 第23回

2級問題

[問31]気圧の違いにより生じる空気を移動させようとする力を表す言葉として最も適切なも

    のを選びなさい。

    ①推力

    ②コリオリ力

    ③気圧傾度力

    ④風力

[問32]風速の特性として正しいものを選びなさい。

     ①地上の風速はどこでも一定である

     ②風速は建物の有無によって変化しない

     ③地上より海上の方が風速は遅い

     ④高度が上がるほど風速は速くなる

[問33]「エクマン境界層」の説明として間違っているものを選びなさい。

     ①接地層の外側に存在する

     ②対流圏の中に存在する

     ③空気がらせん状に流れている

     ④高度によらず風向きが一定である

[問34][図1]の★で示す位置において予想される風向きとして最も適切なものを選びなさ

   い。

 

    ①南

    ②東

    ③北西

    ④南東

[問35]「電離層」の説明として正しいものを選びなさい。

     ①中間圈と熱圈の境界面付近に存在する

     ②電離層の一部がオゾン層となる

     ③電離層を通過する電波を増幅する性質がある

     ④すべての電波は電離層を通過する

[問36]上昇気流が原因で発生する現象として正しいものを選びなさい。

    ①エアポケットの発生

    ②積乱雲の発生

    ③気温の低下

    ④気圧の上昇

[問37]1気圧の説明として正しいものを選びなさい。

    ①1 0 1 0.15[hPa]

    ②1 0 1 3.25[hPa]

    ③1 0 2 4.13[hPa]

    ④1 0 3 0.10[hPa]

[問38]標準大気の条件として間違っているものを選びなさい。

     ①乾燥した完全ガスであること

     ②海面上における気温をO[℃]とする

     ③海面上における気圧を1013.25[hPa]とする

     ④海面上における密度を1.225[kg/m3]とする

[問39]標準大気における高度2000[m]の気温として最も適切なものを選びなさい。

    ①約一6.5度

    ②約O度

    ③約2度

    ④約13.7度

[問40]「海面更正気圧」の説明として最も適切なものを選びなさい。

     ①計測時刻における海面高さを基準として補正を行った気圧

     ②海面上にて実測した値をそこから最も近い陸地における気圧として取り扱うこと

     ③天気図でも用いられる

     ④海面で起こる波の高さを考慮して計測した気圧

ドローン検定2級試験 第23回

2級問題

[問41]国土交通省航空局を選びなさい。

     ①JCAB

     ②FAA

     ③ICAO

     ④EASA

[問42]航空法における飛行許可又は承認を申請するにあたっての説明として誤っているもの

    を選びなさい。

     ①国土交通省航空局が認定しているいずれかの認定団体等が実施する技能講習を受

      講しなければならない

     ②無人航空機の操縦に関する免許等の制度は存在しない

     ③小型無人機等飛行禁止法と航空法における許可及び承認は法的には関係がない

     ④認定団体等が実施する技能講習を受けることかく飛行の許可又は承認申請をする

      場合であっても、無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領に定められた

      基準以上の操縦技能及び飛行時間等の経験を有していなければならない

[問43]無人航空機の飛行に関して、航空法における飛行許可または承認を受けた期間か3か

    月を超える場合において、許可または承認の期限を迎えた日から1か月以内の飛行実

    績の報告の他に行わなければならない飛行実績の報告の間隔を選びなさい。

     ①毎月

     ②3か月ごと

     ③6か月ごと

     ④飛行させるたび

[問44]地上から高さ200mの位置で無人航空機を飛行させる場合に必要な手続きとして最も

    適切なものを選びなさい。

     ①都道府県庁への許可申請

     ②空港管制官へ通報

     ③管轄の警察署へ通報

     ④管轄の空港事務所への許可申請

[問45]人が多く集まる催事上空において無人航空機を地上から10mの高さで飛行させるた

    め国土交通省から承認を受ける場合、最低限設定しなければならない立入禁止区画の

    範囲として最も適切なものを選びなさい。

     ①機体から10m

     ②機体から15m

     ③飛行範囲の外周から15m

     ④飛行範囲の外周から30m

[問46]小型無人機等飛行禁止法の所管を選びなさい。

    ①警察庁

    ②消費者庁

    ③国土交通省

    ①総務省

[問47]小型無人機等飛行禁止法において、対象施設周辺地域の上空における飛行が禁止され

    ているものとして誤っているものを選びなさい。

     ①離陸重量100gの無人航空機

     ②有人パラグライダー

     ③旅客機

     ④離陸重量200gを超えるクアッドコプター

[問48]小型無人機等飛行禁止法に違反して小型無人機を飛行させた場合の罰則として正しい

    ものを選びなさい。

     ①罰則の定めはない

     ②1万円以下の罰金

     ③6か月以下の懲役

     ④1年以下の懲役又は50万円以下の罰金

[問49]第四級アマチュア無線技士の操作範囲の操作を行える無線従事者の免許として誤って

    いるものを選びなさい。

     ①航空無線通信士

     ②第二級陸上無線技術士

     ③第三級海上無線通信士

     ④第四級海上無線通信士

[問50]技適マークを選びなさい。

   ①ア

   ②イ

   ③ウ

   ④エ

以上が2級検定問題でした。10日後に受験番号と4桁の確認番号が書かれたハガキが送られてきますのでドローン検定協会のHPにて合否の確認ができます。

2級は、3級の内容が7割程度あるでしょうか。教科書にない問題もありましたが80点クリアを目指して挑みました。インターネットにも過去問題等が載ってるブログもたくさんありますので出題傾向もわかりそうですね。

もし、2級がとれましたら今度は1級【 9月18日(水)】に挑戦しようかな。1級は年3回なので9月で最後になります。平日ですがなんでだろー?

頭の片隅に残っている間に何とかしたいものです。

ドローン検定試験の結果

受かっていれば一ヶ月後に「ライセンスIDカードとピンバッジ」が送られてきます。

合格者が購入できるウェア

こういうものがないと・・・

次は残すところ1級検定試験

1級検定試験は1,5,9月の3回のみです。

チャレンジは、大いなる知識と大いなる成長をもたらす。byコケちゃぶろー

新潟上越ドローンスクール

ドローンを知って学んで飛ばすならドローンスクールへ

ドローン

ドローンの知識を身に着けよう。まずはドローン検定3級からスタート

桜と妙高山

ドローンを飛ばして、撮影しよう。新しい発見につながるよ!