防犯カメラ

防犯カメラを取り付けた

ANRAN 防犯カメラセット 監視カメラ ワイヤレス 1080P 8台 セット 2019新型 WiFi録画機 円筒形 3TB内蔵 ワイヤレス防犯カメラ 屋外 遠隔監視対応 IP66 防水 暗視 動体検知 セキュリテイカメラシステム cctv 3年保証

69,800円

今回取り付けたのは中華製「ANRANセキュリティー」アンラン?エンラン?が出してるWi-Fiカメラです。

防犯カメラは初めてではなくて、仕事柄留守が多かったので防犯の意味で6年ほど前からセキュリティーを気にするようになり手探りで取り付けてみました。

防犯カメラの種類

大まかに分類すると4種類

①有線カメラ

②無線カメラ

③電池内蔵一体型カメラ

④PLCカメラ

があります。

①有線カメラ

有線カメラには、

・AHDカメラ(電源ケーブル、BNCケーブル)

・PoEカメラ(LANケーブル)

②無線カメラ

無線カメラには、

・Wi-Fiカメラ(2.4GHz)

③電池内蔵一体型カメラ

電池内蔵一体型カメラには、

・乾電池式

・充電池式

 があり、記録媒体はUSBメモリー(microSD),モニター付きが多い。

最近では、赤ちゃんをモニターするとき、動物観察等使用目的が多種多様だが、電源の安定性に不安が残るために常時監視には使えない。

④PLCカメラ

Panasonicの技術で100Vの既存の電力線(屋内電気配線)を利用してデータ通信を行います。コンセントLANとも言う。

これぞ配線はコンセントのみで良いが、2009年以降普及していないようだ。残念!

防犯カメラのメリット・デメリット

ここでは、有線カメラと無線カメラに限定する。

メリット

有線カメラ

・安定した画像の確保

・同機能無線カメラと比較すると安価

・スマホで確認できる(wi-fi接続時)

無線カメラ

・配線工事がいらない

・スマホで確認できる(wi-fi接続時)

デメリット

有線カメラ

・配線工事が必要

・本体部屋に配線が集中するため、電源・余った配線の処置が大変

無線カメラ

・配線工事はいらないが、電源の確保が必要

・画像の安定性に不安が多い(録画にも影響大)

・有線カメラ同機能種と比較するとかなり高い

無線カメラを選んだわけ

まずは、防犯カメラが役に立った時のことをお話します。

この動画をご覧ください。

もしも、我が家の防犯カメラが無かったら・・・

家事のあった翌日、休日返上で警察の方が近隣の全家庭を手分けして「不審なもの、人、防犯カメラの有無」等の聞き込みに回っていました。我が家にも、たばこの臭いぷんぷんの私服の警察官が来られまして、「あのーこの辺に防犯カメラ設置しているお宅なんかありませんか」と聞くものですから、「家にありますよ。でも、画像は良くないかもしれないが」と・・・話はトントンと進み、事件の一時間前くらいからの録画画像を取り出してUSBに入れて持って行きました。

翌日、不審な車が映っているのでDVDに書き込んで欲しいと再来され、片面二層のDVDメディアに書き込んで渡しました。預かり証とかなんとか証に記入して持っていきました。

その日のうちに、刑事さんが新潟まで持って行く。科捜研で画像の悪い不審車両を特定するべく鑑定に入ったそうです。

何日が経ち車種が判明しました。ハ〇〇ーとか。目星が付いたようでした。24時間交代で張り込みと追跡を展開したところ。放火の現行犯逮捕に至ったのでした。歓声が沸き上がったことでしょう。

判決まで約一年・・・死刑でも良かったとは思いますが、無期懲役が下りました。

無期懲役とは、15年くらいで出てくると思われていますが、それは間違いらしいです。出てこれるのは、ほんの数人でほとんどが死ぬまで刑に服するとYOUTUBEで見ました。ホントだと思います。

こんな田舎でも防犯カメラ・監視カメラが必要な時代になってきたんですね。怖い世の中です。ですから、自分の身は自分で守らなければならないと自負しています。今回カメラを取り付けたのを見た近所の反応は少なからずありましたが、隣近所を覗いているのではないし、自己防衛のためと近隣警護も含めた意味があると思っています。

防犯カメラを取り付ける

専門業者が防犯カメラを取り付けるといくらくらいになるの?

(カメラの台数+録画機)+工事費

有名セキュリティー社ではカメラ2台+録画機で100万円からと聞いたことがあります。

一般家庭では、2台で20万、4台で30万からともいわれていますが、カメラの性能で金額も変わると思います。

レンタルもあるようで一ヶ月1万くらいで長期になるほど割高ですね。

コケちゃぶろーが今回取り付けた防犯カメラは8台で69,800円しかも、配線不要のWi-Fiカメラ1080Pフルハイビジョン対応これが高いか安いか取り付けてみなければ分かりません。

取付手順

壁・天井に穴を開ける

100Vの電源を確保しなければなりません。家の中から延長コードで繋いだとしても、カメラは外に出すため近くの窓や壁を伝って電線を繋がなければ取り付けはできません。

AHDタイプであれば窓の隙間に這わす平たくなったコードで繋ぐことができますが、WI-FIカメラでこれをやるとすれば、むしろ有線カメラで対応した方が遥かに良いでしょう。安いし、安定感抜群ですから。

スキマケーブル

コンセントを付ける

カメラの取り付け

本体NVRの設置

本体NVRは受信アンテナ2本・モニターHDMIポート/VGAポート・ルーターに接続WAN/LANポート・USBポート2つマウス用/ビデオのバックアップ用・電源ポートの構成になっています。

モニターで受信状況を確認

受信状況が良くないときは、時計が止まるか、遅れています。もしくは、ロストして画像になっています。

また、ビデオ管理―リピータをクリックすると信号の状況が数字で見れます。詳しくは、こちらの動画をどうぞ。

ANRANからACE防犯カメラに変更

映像圧縮規格H.264からH.265+へパワーアップ

ANRANの動画圧縮規格はH.264ですがACEの圧縮規格はH.265+です。H.265+は約3倍の圧縮性能があります。つまり画像はそのままで従来の3倍長く録画でき、データー通信量も抑えるので無線通信の安定性もアップする。ということは、H.264の1/3のデーター量できれいな画像が見れるということなので、わずかな信号でも受信すると読みました。

ACE防犯カメラ

右側のカメラの電波が弱いので外付けアンテナを取り付けた

わが尊敬する隣の畑ではトウモロコシが何者かにより食べられてしまう被害が出ていることから畑の先生より「畑を見張ってほしい」との要請がありカメラの一つを畑に向けた。これがその画像だが、夜になると赤外線が届かず真っ暗になって見えない。

そこで、赤外線8LED12Vナイトビジョンランプを取り付けた。

赤黒くうっすらと点灯しているのがわかるが、映像はサーチライトに照らされているように明るい。

いかがでしたか。防犯カメラの取り付けは一度取り付けてしまえば、ずっと使っていられますからこれを見た方はご参考になりましたでしょうか。

自分の身は、自分で護る!これしかないでしょう今は。それではまた!