草刈り機の刃(ナイロン編)

ナイロンコードで草を刈る利点と弱点

今や草刈り機にチップソーを取り付けて刈るよりも軽くて切れるナイロンコードを知らない人はいないのではないでしょうか。

ナイロンコードの利点は

①きわ刈りが出来る

②軽いので機械の取り回しが楽

③万が一の時には大怪我になりにくい

弱点としては

①草や小石が飛び散り危険・服が草まみれになる

②コードの耐久性が弱い

③硬いものや太い草などは刈れない

④チップソーよりも装備が煩わしい

などがあげられる。

進化しているナイロンコード

弱点としてあげているナイロンコードの耐久性についてある実験をした。

ギザ王Blackという2.7mmのナイロンコードだが、今までにないと思われる耐久力を発揮しているのが以下の動画である。

尚、この商品はAmazon、yahoo,楽天では今のところ入手できないというか商品として加えてもらっていないので、今後に期待するところです。

と言っても、買えないわけではなく(株)エルタが販売元の輸入品らしく「ナイロンコード ギザ王」と検索すると富山県の田辺農機がネット通販をしています。

2.7mm×50mと3mm×30mの2種類になっていて3mmはあいにく在庫がなかった。私が何故この商品に出会ったかというとyoutube視聴者様からのコメントで、森林組合で箱買いしているほどの商品だということを知らされたからです。どちらも3,000円前後に税と送料が別です。

汎用機かパワー機かどちらがいいのか

ホームセンターで売られている20㏄クラスの汎用機でナイロンコードを使うとエンジンが波を打ったようにパワーロスが生じるし、ストレスがたまるんですよね。

先ほどの「ギザ王ブラック」はそんな中でも良く切れるナイロンコードであることはお判りいただけたと思いますが、もう少し広い範囲を刈るにはパワーが足りません。

このギザ王を買う前に、ジェットフィットという4本出しのナイロンコードセットを試してわかったことなのですが、4本も付けると32㏄の草刈り機でもパワーロスが生じうまく刈れません。

それが、この動画です。

そこで、パワーを補うためにグローランドGL420という41.5ccの草刈り機を使ってみました。

使った感想は、とにかく楽でしかたがないほど楽しく草刈りが出来ました。

是非、パワー機を使ってみてください。その違いが分かると思います。

ここで、ナイロンコードを巻いて使うヘッドがありますが・・私も持ってはいるのですが使っていません。途中で詰まったり、出てこなかったりして使いにくい、ストレスが半端ない代物が多くジズライザーエアーに取り付けて使っています。

リングスリーブと圧着工具があれば無限に作れますし取り換えも楽ですよ。

それが、この動画です。

これなら、好きなナイロンコードを好きなだけ作れますから切れないナイロンコードを無理して使い続けることもなくなりますね。

くれぐれも、人、車、家が近くにある時は気を付けて作業しましょう。