喜多方駅から西へ10kmの位置に山都駅があります。聞くところによるとこの地は、宮古地区と呼ばれ米作には不適のため蕎麦を常食としていたようです。これといった産業もなく冬は出稼ぎで家族を養っていたといいます。

昭和30年代、県道工事等の工事が始まり工事関係者が入ってきました。でも、お昼にも何もない中、農家が食べていた蕎麦を食べさせてもらったところあまりの美味しさに口コミで人気が広まったようです。

昭和50年代に「山都町商工会がむらおこし事業」で売り出したのが山都そばです。これにより、出稼ぎすることもなくなり町に活気が戻ってきたようです。 ピンチをチャンスに変えることができた見本ともいえますね。

山都そばの特徴

資料(喜多方市ふるさと振興株式会社山都事業所 いいでとそばの里より)

  • 飯豊山の伏流水に恵まれている
  • そばに適した冷涼な気候である
  • 水はけのよい黒い土壌
  • 夏から秋の朝霧の発生が昼夜の気温差を生んでいる
  • 製粉歩留まり70%であること(湯ごねと水ごね)
  • つなぎを使わない十割そばの手打ち

飯豊とそばの里センターそば伝承館

所在地:969-4143喜多方市山都町字沢田3077-1
電話番号:0241-38-3000
営業時間:10:00~16:00
定休日:月曜日祝日の場合は火曜日
アクセス:山都駅から徒歩7分

山都駅の裏手に位置します。大きな駐車場があり、たくさんの人が食べに来ます。新そばは10月中旬頃「山都新そばまつり」から食べられますし、7月上旬~9月中旬の水曜日は1,000円でざるそば食べ放題! 

そば伝承館の向かい側には「そば資料館」があり、お土産品も売っています。中でも「つゆじまん」910円がおすすめです。これがあるとスーパーの乾麺がおいしくいただけます。

そば伝承館メニュー(自販機にて食券販売)

冷たいそばメニュー
  • ざるそば・・・・・・・800円  (大)1,100円
  • 伝承そば・・・・・・・900円  (大)1,250円 辛味おろし付
  • 天ざるそば・・・・1,300円  (大)1,600円
  • おろしそば・・・・・・900円  (大)1,250円
  • とろろそば・・・・・・900円  (大)1,250円
  • 山菜そば・・・・・・・900円  (大)1,250円
暖かいそばメニュー
  • かけそば・・・・・・・800円  (大)1,100円
  • 天ぷらそば・・・・1,200円  (大)1,500円
  • とろろそば・・・・・・900円  (大)1,250円
  • 山菜そば・・・・・・・900円  (大)1,250円
おすすめメニュー
  • そば会席・・・・・1,700円  (大)2,000円
  • 天ぷら盛り合皿2人前・・1,100円 1人前550円
  • そば刺身こんにゃく・・・・・300円

会津山都蕎麦 蕎邑(きょうむら)

所在地:969-4161 喜多方市山都町中石打場3261-3
電話番号:0241-38-3344
営業時間:11:00~15:00
定休日:水曜日・年末年始
アクセス:JR山都駅から徒歩10分

伝承館より少しのぼって行くとあります。少し固めのそばで大変美味しいお蕎麦屋です。時期によっては刺身こんにゃくとかアスパラの天ぷらとか地元産の珍しいものが頼めます。 また、辛みのある大根おろしを付けた「高遠そば」も食べる人を唸らせます。

蕎邑メニュー
  • 天もりそば・・・・1,680円(大きい海老天が2本)
  • 高遠そば・・・・・・・840円(大根おろしの絞りつゆと生醤油)
  • 山菜おろしそば・・1,155円(山菜と天ぷら)

私が行ったところはこの2軒ですが、山都もたくさんのお店がありますのでそばが好きな方は山都のお店探しも楽しいかと思います。ただ、営業終了時間がお店によっては15時だったり16時だったりしますので行く前に定休日と営業時間を確かめていくことを忘れずに。カンちゃぶろー